スペイン語の規則動詞の現在形【AR・ER・IR】疑問文・否定文の作り方も

スペイン語の規則動詞の活用形を覚えよう!現在形のar動詞、er動詞、ir動詞!基本だよ 動詞

スペイン語の動詞の基礎として、まずは規則動詞の現在形を覚えていきましょう。

英語の動詞の活用には、原形、過去形、過去分詞形の3種類があります。【話す】という動詞の例で言うと、原形:speak 過去形:spoke 過去分詞形:spoken ですね。

しかしスペイン語では現在分詞、過去分詞、直接法、命令形、接続法など、目的によって動詞の形が変わっていきます。

スペイン語を母国語としている人たちでも全てを覚えて区別して使えている訳ではないです。動詞の活用は間違っても伝わっちゃうから大丈夫だよ〜!と言われたこともありますが、ネイティブが間違うのと「何も知らないから」間違うのとでは全然違います。

全ての単語の全ての活用形を完璧に覚えないと会話ができない、という訳ではありませんが、ネイティブとの混乱を避けるためにできる限りの努力をしていきましょう

今回ご紹介するのは、まず最初に覚えるべきスペイン語の動詞の活用形です。

【規則動詞】と呼ばれ、動詞の活用形が規則的に変化します。

ユニコン
ユニコン

規則的に変化しないこともあるってことですね・・・

そういうこと!そういう場合は動詞単体で特有な活用の仕方を覚える必要があるよ!でも規則動詞が基本だから、まずはこれを覚えておこう!

それでは始めていきましょう♪

スペイン語の規則動詞 覚えておくべき基礎知識

  • 【不定詞】とは

スペイン語を勉強する上で、【不定詞】という単語をよく見かけることになるので覚えておきましょう。

不定詞とは、英語でいう動詞の原形のようなものです。

辞書の見出し語として使われている動詞の形が不定詞で、「〜こと」という意味を持ちます。

不定詞は動詞の主語や目的語になるので、英語の動詞の原形とは少し違った使われ方をします。

例えば、次の項目でご紹介する「 hablar 」は、【話すこと】という意味です。

英語で【話す】という意味の動詞の原形は「 Speak 」ですが、【話すこと】と表現する場合は「 Speaking 」というように活用させますね。

勘の良い人は、スペイン語の文法が英語の文法とは違うことに気づいたかもしれませんね。

ただし、辞書ではそれぞれの動詞の「〜こと」の部分は省略されています。

  • スペイン語の動詞の形は3つ!

スペイン語の全ての動詞の不定詞語尾は、3つの形に分けることができます。

  • – ar で終わる動詞
  • – er で終わる動詞
  • – ir で終わる動詞

これらをそれぞれ、【AR動詞】【ER動詞】【IR動詞】とします。

それぞれ活用の方法が違うので、次の項目でご紹介していきます。

スペイン語の規則動詞の現在形【AR動詞】

★不定詞の例:hablar【アブラール】< 話すこと >

単数形活用変化形 日本語訳
1人称:yohablo 【アブロ】私は 話す
2人称:túhablas 【アブラス】君は 話す
3人称:élhabla 【アブラ】彼は 話す
複数形活用変化形 日本語訳
1人称:nosotroshablamos 【アブラモス】私たちは 話す
2人称:vosotroshabláis 【アブライス】君たちは 話す
3人称:elloshablan 【アブラン】彼らは 話す

【AR動詞】単数:- o, -as, -a 複数:- amos, -áis, -an

  • 他の【AR動詞】の例
  • comprar 【コンプラール】買う
  • cocinar 【コシナール】料理する
  • desear 【デセアール】願う
  • llamar 【リャマール】呼ぶ
  • terminar【テルミナール】終える
  • olvidar【オルビダール】忘れる
  • tomar【トマール】取る
  • trabajar【トラバジャール】働く
  • necesitar【ネセシタール】必要とする

英語との違いが分かりましたか?英語の場合は「私が話す」と言うときは動詞の原形をそのまま使って「 I speak 」と言いますが、スペイン語の場合は「 Yo hablar 」ではなく「 Yo hablo」と言うんですね。

ユニコン
ユニコン

それなら不定詞を覚える意味ってあるんですか?

もちろんあるよ!不定詞の語尾が何かを知っておくことで活用形の変化を予測できるようになるし、不定詞をそのままの形で使うこともあるよ。今後学習していくから、覚えておこうね。

  • 主語を省略できる

1人称と2人称の単数と複数は、語尾で主語がわかるので省略することができます。

3人称は主語の性別がわからないので省略しないんですね。

【例】

  • ( Yo ) Hablo español.
  • ( Tú ) Hablas español.
  • ( Nosotros ) Hablamos japonés.
  • ( Vosotros ) Habláis japonés.

スペイン語の否定文の作り方

否定文を作るときは、動詞の前に no を置きます。

【例】

  • Yo no hablo español. 私はスペイン語を話さない
  • Pedro no habla español. ペドロはスペイン語を話さない

スペイン語の疑問文の作り方

スペイン語の疑問文には先頭に ¿ 、文末に ? をつけます。

疑問文の主語と動詞の順番は特に決まりはありませんが、【動詞+主語】の順番が一般的です。

疑問代名詞 ( 何:Qué、どれ:Cuál、誰:Quién、いくつ:Cuántoなど) 疑問形容詞 ( どんな:Qué、いくつの:Cunáto など) は文頭に置きます。これは英語と同じですね。

  • ¿ Hablas ( tú ) español ? スペイン語を話しますか?
  • ¿ Habláis ( vosotros ) inglés ? 英語を話しますか?
  • ¿ Qué idioma habla usted además de español ?  あなたはスペイン語以外の言語を話しますか?
  • ¿ Esté es su libro, verdad? これはあなたの本ですよね?

inglés:英語

Qué idioma : 何語

además de ~ :  ~の他に

verdad : 正しい

usted は「あなたは」と言う意味なので、3人称なのを忘れないでくださいね!tú は「君は」と言う意味で2人称です。慣れるまで紛らわしいかもしれませんね。

感嘆文(驚きの文)の作り方

スペイン語の感嘆文には、文の前に ¡ 、文末に ! をつけます。

  • ¡ Qué bien canta ! なんて歌がうまいんだ!
  • ¡ Qué frío hace hoy !  今日はなんて寒いんだ!
  • ¡ Qué hambre !  お腹が空いた!
  • ¡ Qué rico ! なんて美味しいんだ!

canta :歌う (3人称単数形)

frío:寒さ

hambre:空腹

rico:高級、 美味しい

スペイン語の規則動詞の現在形【ER動詞】

★不定詞の例:comer 【コメール】< 食べること >

単数形 活用変化形  日本語訳
1人称:yo como 【コモ】 私は 食べる
2人称:tú comes 【コメス】 君は 食べる
3人称:él come 【コメ】 彼は 食べる

複数形 活用変化形  日本語訳
1人称:nosotros comemos 【コメモス】 私たちは 食べる
2人称:vosotros coméis 【コメイス】 君たちは 食べる
3人称:ellos comen 【コメン】 彼らは 食べる

【ER動詞】単数:-o, -es, -e, 複数:-emos, -éis, -en

  • 他の【ER動詞】の例

  • beber 【べベール】飲む
  • comprender 【コンプレンデール】理解する
  • aprender 【アプレンデール】習う
  • reel 【レエール】読む
  • prometer 【プロメテール】約束する
  • romper【ロンペール】壊す

  • 練習してみよう!

  • ¿ Qué comes en la comida ? 君は昼食に何を食べるの?
  • Yo como mucho arroz y la ensalada. 私はたくさんのご飯とサラダを食べます
  • Nosotros los japoneses bebemos sake japonés.  私たち日本人は日本酒を飲みます
  • Aprendemos Español con un profesor colombiano 私たちはコロンビア人の先生にスペイン語を習っています

スペイン語の規則動詞の現在形【IR動詞】

★不定詞の例:escribir【エスクリビール】< 書くこと >

単数形 活用変化形  日本語訳
1人称:yo escribo 【エスクリボ】 私は 書く
2人称:tú escribes 【エスクリベス】 君は 書く
3人称:él escribe 【エスクリべ】 彼は 書く

複数形 活用変化形  日本語訳
1人称:nosotros escribimos 【エスクリビモス】 私たちは 書く
2人称:vosotros escribís 【エスクリビス】 君たちは 書く
3人称:ellos escriben 【エスクリべン】 彼らは 書く

【IR動詞】単数形:- o, -es, -e, 複数形:-imos, -ís, -en

  • 他の【IR動詞】の例

  • recibir【レシビール】受け取る
  • decidir【デシディール】決める
  • vivir【ビビール】住む
  • asistir【アシスティール】助ける、出席する
  • subir 【スビール】登る
  • partir【パーティール】分ける、出発する

  • 練習してみよう!

  • ¿ Dónde vive usted ? あなたはどこに住んでいますか?
  • Camilo escribe una carta a su madre. カミーロは彼の母に手紙を書く
  • Vivo en Madrid con mis padres.  両親と一緒にマドリードに住んでいます
  • Abro la puerta. 私がドアを開ける

Dónde:どこ

carta:手紙

mis padres:両親

puerta:ドア

スペイン語の規則動詞の現在形 今日の単語

それでは最後に今日の単語をまとめておきますね!

inglés:英語

Qué idioma : 何語

además de ~ :  ~の他に

verdad : 正しい

canta :歌う (3人称単数形)

frío:寒さ

hambre:空腹

rico:高級、 美味しい

Dónde:どこ

carta:手紙

mis padres:両親

puerta:ドア

hablar:話すこと

comer:食べること

escribir:書くこと

今日は以上です!お疲れ様でした♪

【関連記事】スペイン語の名詞を覚えよう!男性名詞と女性名詞の見分け方

タイトルとURLをコピーしました